タロット・西洋占星術・夢 蓮見天翔占い

月は記憶の保管庫
ひとりの人間の充足は
遠い過去から脈々とつながっている記憶の
出会いであり 解放である

ブログ月の記憶を呼び起こせ

癒しの悪魔

悪魔も癒しになる。神様や天使の場合は至福感、悪魔に出会った場合は恍惚感という別な意味での開放、癒しの存在にもなります。

妖怪で考えてみた場合、妖怪はあるエッセンスが凝縮されている存在です。み… 続きを読む

悪魔に飛び込むべし

節制での精霊の役割が適材適所にできるようになった後は悪魔の懐に飛び込む時が来ました。

水曜夜タロット講座では悪魔がテーマでした。

地上世界で生き延びるにはどこかの悪魔とお付き合いをする… 続きを読む

旧暦あけましておめでとうございます。

旧暦、新年のご挨拶。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

街中でチョコレート合戦が繰り広げられている中、11時51分09分に太陽と月と地球が重なり暖かい日差しの中、初春を… 続きを読む

新月前

師走です。2月14日(日)は旧暦の元旦、1月1日です。旧暦の1日は新月のことです。

新月前は消えゆく月、冥界へのドアが開いている時です。この2日間はデトックス期間、問題があっても新月に向か… 続きを読む

節制との付き合い方 Part2

昨日の単発タロットでも再び「節制」が注目のカードでした。力のカードが出る場合は、力のコントロールや本能と理性の折り合いがテーマになります。自分の根気のないところが浮き彫りになるので自己反省しやすい… 続きを読む

節制との付き合い方

夕べの大アルカナ講座は、吊られた男、死神、節制でした。吊られた男も死神も体験ありと本人の身にしっかりと記録されているものでした。節制は記録に刻みずらいカードのようです。

節制には中庸、調整と… 続きを読む

バースディムーンの第2弾やりました。

先週の土曜日にバースディムーンの第2弾をやりました。今回は月のコンビ太陽のお話です。これまでは月の満ち欠けによる月相で自分の人生を振り返り、こころの欲求がどのように働いているかを確認していきました… 続きを読む

隠者

昨日は大アルカナ講座でした。

隠者は達観する。

慌てふためいている仙人や師匠はかっこ悪い。往生際の悪い天下り官僚は隠者になる素質がない。

隠者は思想する。

体験と思い出がご… 続きを読む

1 / 212